1937年、アテネに生を受けたカリ・ツァローニ(Cari Zalloni)氏は名門ウィーン芸術アカデミーで建築などを学んだ後、家具や陶器、クリスタルガラス、シャンデリアなどのデザインに携わっていたが、次第にアイウェアに対する興味を抱くようになった。そして1975年、自らの名から編み出した造語「カザール(CAZAL)」をブランド名に冠したアイウェアブランドを立ち上げ、その年の独カールスルーエのオプティカ展においてデビューを果したのだった。
戻る