補聴器の聞こえや、いろんな疑問にお答えいたします。

Q.補聴器は必ず両方の耳に装用した方がいいのですか?

A.補聴器を両方の耳に装用することによって、人間が持っている耳の働きをより充分に活かすことができます。つまり“音の臨場感や方向感が向上する”“環境音を聞き流しながら人の話し声に集中できる”など、多くのメリットがあるからです。また、片方の耳だけで何年も装用し続けていると、補聴器を装用していない側の聞き取り能力が次第に低下する「きき耳」という状態になる場合があるとも言われています。

Q.補聴器の操作は難しくありませんか?

A.操作が苦手な方には、人の声や環境音を全自動で合わせてくれる、ボリューム操作のいらない“デジタル補聴器”なら安心です。十分なフィッティングが施されたデジタル補聴器であれば、補聴器の取り外しやスイッチの入・切、電池の交換以外には、ご自分で調節する必要は一切ありません。

Q.そろそろ補聴器をと考えていますが、補聴器選びのコツを教えてください。

A.最適な補聴器を選ぶためには、何よりもまず信頼できる販売店を選ぶ事です。そして、聴力は聞こえ方の状態によって異なるため、専門スタッフと相談して、自分の聞こえの具合を把握し、その上で聴力にあった補聴器を専門家に選んでもらいましょう。

Q.どの程度、聞こえにくくなったら補聴器の装用を考えたら良いのですか?

A.日常会話はもちろん、すこし小さめの声での会話を聞き取ることに不便を感じるようになったら、補聴器装用を考える目安となります。ただし、病気が原因の聞こえづらさも考えられますので、まずは耳鼻科での受診をおすすめします。相当、聞こえが悪くならないと補聴器の効果も感じられないのではと、我慢される方がいらっしゃいますが、実は聞こえの程度が大きく低下すると補聴器の効果は相対的に小さくなってしまいます。軽〜中程度の難聴の方が最も補聴器の効果を実感できるレベルなのです。そして聞こえづらい期間が長くなればなる程、年齢を重ねれば重ねる程、補聴器の効果も発揮しにくくなりますし、補聴器に慣れていただくことにも時間がかかってしまいます。したがって、早い時期からの装用が良い結果につながります。

Q.初めて補聴器を使う場合、慣れるまでにどれぐらいの期間が必要ですか?

A.聞こえづらくなってからの期間や年齢によっても慣れるための期間には違いが出てきますが、2週間から1ヶ月が目安となります。これは補聴器を装用することで久し振りのハッキリした“音”への戸惑いや不自然な感じに慣れるための期間です。デジタル補聴器なら補聴器の聞こえとお客様の慣れの状態を確認しながら徐々に調整していくことができますので安心です。聞こえの程度や慣れの状態から、それぞれのお客様に合わせた装用スケジュールを設定し、無理なく補聴器を装用していただけるよう、アフターケアも行っております。